menu
TOP

ビタミンC誘導体を知らないなんて損してる!化粧水選びのポイントを伝授

ビタミンCが肌にいいということは、今や常識となりました。ニキビケアにもピッタリなビタミンCは、化粧水や美容液などで積極的に肌に取り入れたい成分です。

しかし、ビタミンCはそのままでは肌に浸透しにくいというデメリットがあります。そこで注目したいのが、「ビタミンC誘導体」という成分です。ビタミンC誘導体とは、一体どんな成分なのでしょうか? ここでは、2つの成分の違いと、ビタミンC配合の化粧水を選ぶ時のポイントをお伝えします。

Antioxidant

何が違う?ビタミンCとビタミンC誘導体

ビタミンCは、水溶性のビタミンの一種です。活性酸素を無害化して肌の老化を予防ケア、メラニンの生成を抑えて透明感のある肌に導くことが知られており、多くの化粧水や美容液に配合されています。

しかし、ビタミンCはとても不安定な物質でもあります。空気に触れるとすぐに分解されてしまい、水に溶けるとそのはたらきが失われやすいというデメリットがあります。また、水溶性であるため、肌の皮脂膜がバリアとなって、肌の奥まで浸透しにくいのです。

そんなビタミンCのデメリットを改善し、肌にしっかりと浸透するように作られたものが、ビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は、ビタミンCとほかの成分を結合させて安定性や吸収性を高めた成分です。肌に塗った後に酵素のはたらきによって分解され、肌の中でビタミンCとなるため、肌の奥までビタミンCが届くのが大きなメリットです。
ビタミンC誘導体で特に効果的なのはリン酸型ビタミンC誘導体というもので、リン酸をビタミンCに結合させています。

 

成分表示を確認!化粧水選びのポイント

ビタミンC配合の化粧水をスキンケアに取り入れるなら、肌にしっかりと浸透するものを選ばなければ損をしてしまいます。そこでポイントとなるのが、成分の確認です。表示されている成分をよく見て、ビタミンCそのものではなく、ビタミンC誘導体が配合されている化粧水を選ぶようにしましょう。

ビタミンC誘導体は、「パルミチン酸リン酸アスコビル3Na」「アスコルビルリン酸Na」「リン酸アスコルビン酸ナトリウム」「L−アスコルビン酸リン酸エステルナトリウム」などという名前で表示されているのが代表例です。こうした表示があれば、ビタミンC誘導体が配合されているということですので、ニキビケアに力を入れたい方には、注意して見てみましょう。

 

進化したビタミンCを取り入れて、すべすべ肌へ!

ビタミンC誘導体は、肌に浸透しにくいというデメリットを克服した、いわば進化したビタミンC。ニキビのない、すべすべ美肌を手に入れるために、進化したビタミンCを化粧水で取り入れるようにしましょう!

 

参考:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい