menu
TOP

もうニキビに悩まない!知って得する理想の洗顔テクニック

しっかりお手入れをしているのに、ニキビが増えたり炎症をおこしたりとトラブルに悩んでいませんか? ゴシゴシとこすったり1日に何回も洗顔したりすると、さらに悪化させてしまいます。これ以上悩まない簡単に実践できる理想の洗顔テクニックをご紹介します。

もうニキビに悩まない!知って得する理想の洗顔テクニック_178083818

肌に刺激を与えない洗顔がニキビ悩みを救う!

毎日正しい方法で顔を洗えば、キレイな肌に変化してきます。

まずは肌にあたって刺激にならないように髪をヘアキャップなどでまとめてから、手の汚れを落としましょう。手の汚れを落としておくと洗顔料を泡立てやすくなります。次にぬるま湯で顔を濡らして毛穴を開きやすくしましょう。蒸しタオルを顔に2〜3分間乗せるのもおすすめです。

洗顔料は、きめ細かい泡になるように充分に泡立てます。市販の泡立てネットを使うのもおすすめです。おでこ、こめかみ、眉、目の周り、頬、口の周りを、指の腹でやさしく泡をすべらすように、くるくると円を描きながら洗います。

最後はぬるま湯でしっかり洗い流しましょう。両手で水をかけて20回程度は泡をすすぎ、顔の生え際やこめかみ、あご、首筋などに洗い残しがないように気をつけましょう。必要な皮脂まで落としてしまうと、過剰に皮脂が分泌されてニキビの悪化につながるので熱いお湯ですすがないように注意が必要です。

清潔でやわらかいタオルを顔に押し当てて、顔の水分を取ります。この時に肌をこすらないようにしましょう。洗顔後の保湿も忘れずに。

 

ニキビ対策になる洗顔料の成分とは?

洗顔料はニキビ対策になる成分が配合されたものを使ってみましょう。

「グリチルリチン酸」など抗炎症を目的とした成分や大人のニキビは、乾燥によって厚くなった角質が毛穴を塞いでいることが原因の場合もあるので、「フルーツ酸」「グリコール酸」など角質を柔らかくし除去する成分もおすすめです。
さらにしっかり睡眠を取り、栄養バランスがしっかりした食事をするように心がけましょう。抗酸化作用がありニキビ跡をキレイにするといわれるビタミンCや、傷の修復を促進するビタミンEを積極的に接種しましょう。

毎日の正しい習慣がニキビの悩みとサヨナラするきっかけになります。肌は4週間で生まれ変わるといわれています。地道にコツコツと理想の洗顔を続けて、ツルツル肌を取り戻しましょう。

 

参考:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい