menu
TOP

女優肌のあの人が実践するシミ対策化粧品の使い方

鏡を見たら新しいシミができていた! 同じ化粧品を使っているあの人は、トラブルのない女優肌を維持しているのになぜ……!? と驚くことはありませんか? シミ対策用の化粧品でお手入れをしていても、使い方のポイントがずれていると効果がありません。さて、どのような使い方がいいのでしょう?

女優肌のあの人が実践するシミ対策化粧品の使い方_484166929

まずは、なぜシミができるのか理解する

肌が紫外線を浴びると、皮膚の内部にあるメラノサイトという細胞が活性化し、黒い色素を作り出して日焼けをします。一時的に肌が黒くなっても、一般的には28日周期で新陳代謝が起こり、新しい皮膚が古い皮膚に入れ替わるので肌の色は元に戻ります。

しかし、長年紫外線を浴びていると、新陳代謝の周期が乱れたり遅くなったりすることでメラニン色素が排出されずに皮膚の内部に蓄積され、シミとなってしまいます。また、紫外線の影響がなくても、メラニン色素の異常によって次々とシミが生成されることもあります。

 

シミ生成の過程別に美白成分を選ぶ

化粧品に入っている美白成分が、シミの生成過程のどのタイミングで働きかけるかを確認しましょう。

 

紫外線を浴びた直後には……

紫外線を浴びた時には、まず「m−トラネキサム酸」などの成分が入っている化粧品を選びましょう。

表皮細胞が紫外線などで刺激を受けると、メラノサイト活性化因子という物質が分泌され、表皮の下にあるメラノサイトにメラニン生成の命令を出します。「m−トラネキサム酸」は、このメラノサイト活性化因子の命令が、メラノサイトに届かないようにブロックする成分です。

 

紫外線を浴びた後のフォローアップケアには

「アルブチン」「コウジ酸」「W377」などの成分が入っている化粧品を選びましょう。
メラノサイトにメラニン生成の命令が届くと、メラニン色素を生成するチロシナーゼという酸化酵素が活性化します。このチロシナーゼを抑制する上記の成分が化粧品に入っているか確認しましょう。

 

表皮にメラニン色素が上がってきた時

「フルーツ酸」などの成分が入っている化粧品を選びましょう。

皮膚の下部で生成されたメラニン色素は、新陳代謝とともに表皮細胞に上がっていきます。メラニン色素は、紫外線など外部からの刺激で細胞が傷つくのを防ぐ役割があります。この役割を終えると、体外に排出されるのですが、何らかの原因で新陳代謝のサイクルに問題があると、メラニンが皮膚に残り続けシミとなるのです。上記の成分は、新陳代謝を促して、メラニン色素をはがれ落ちやすくする働きがあります。

 

予防のための化粧品を使い続ける

成分の働きをよく知り、シミができる前の段階で肌の内部にある原因物質に働きかけることが重要です。紫外線は1年中出ているので、日焼けしてから慌てて対策をするのではなく、予防のために毎日対策をすることが大切です。化粧品を上手に使いながら、日焼け止めや帽子なども活用して、メラニンの過剰生成や蓄積を防ぎましょう。

 

参考:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい