menu
TOP

美白美人を目指す人は「光毒性」の食べ物に注意しよう

日焼け止めクリームや日傘、サングラスなどで紫外線対策はバッチリ! と思いきや、いつの間にかシミやそばかすができてしまっている……なんていうことはありませんか?

そんな時は、食べ物にも注目してみましょう。実は、紫外線を吸収しやすい成分の含まれる食べ物は、身近にたくさんあるのです。ここでは、そんな「光毒性」を持つ食べ物についてお伝えします。

美白美人を目指す人は「光毒性」の食べ物に注意して!_475094305

美白のために知っておきたい!「光毒性」って何のこと?

光毒性とは、光に当たると紫外線に過敏に反応し、肌に何らかのダメージを与えてしまう性質のことです。この光毒性を持っている成分として、植物の中に含まれる「ソラレン」があげられます。

ソラレンは、紫外線に対する感受性を高め、紫外線を吸収しやすくする作用があるため、ソラレンを含むものを食べてから外出して紫外線を浴びてしまうと、肌にかゆみや赤み、シミ、色素沈着を引き起こす可能性があるのです。

 

美白に欠かせないあの果物にも「光毒性」!?

ソラレンが含まれる食べ物には、以下のようなものがあります。

・柑橘系の果物
ソラレンは、レモン、オレンジ、グレープフルーツなど、柑橘系の果物に多く含まれます。レモンにはビタミンCが多く含まれ、美白にもピッタリですが、同時に光毒性もあるため、食べ方には注意が必要です。

・きゅうり
昔から、きゅうりをパックすると美肌になれるといいましたが、きゅうりにもソラレンが含まれているため、今ではきゅうりパックはあまりすすめられていないようです。

・いくつかの香味野菜
パセリ、セロリ、しそ、三つ葉など、料理に風味を加える香味野菜も、ソラレンの含有量が多いようです。

ほかには、いちじく、キウイ、アセロラや、サプリメントによく利用されるクロレラにもソラレンが含まれています。

 

光毒性のある食べ物は絶対に食べちゃダメ?

どんなに頑張って対策をしていても、紫外線を吸収しやすい性質があるものをたくさん食べていては、余計にシミができてしまう原因となるかもしれません。しかし、レモンやオレンジに含まれるビタミンCは、健康な肌をつくるためには欠かせないものです。そこで、ソラレンを含む食べ物をまったく食べないのではなく、食べる時間帯を工夫してみましょう。

ソラレンは、食べ物から取り入れると約2時間程度で血流とともに全身に行き渡ります。そのため、朝出かける前にソラレンを含むものを食べないようにしましょう。柑橘系の果物や、きゅうり、セロリなどの野菜は、夜に食べるようにするといいですね。

 

上手に食べて目指せ!美白美人

紫外線によるダメージを防ぎ、美肌をキープするためには、食べ物に気をつけることも大切です。光毒性物質であるソラレンを含む食べ物は、摂取する時間帯に注意するなどして上手に食べて、美白美人を目指しましょう!

 

参考:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい