menu
TOP

美容成分ぎっしり! 肌荒れを救う「レスキュー食べ物」はコレだ

肌荒れは一刻も早く治したいところですが、トラブルのある肌への過剰なスキンケアは、肌状態をさらに悪化させる原因になりかねません。そこでピンチを救うのが、美肌成分がぎっしり詰まった「レスキュー食べ物」です。

肌荒れは体の不調の現れです。食生活の見直しは、体の健康と肌荒れを根本からケアすることにつながります。毎日の食事のなかで美肌成分を取り入れることで、内側から肌を美しくしましょう! 

美容成分ぎっしり!肌荒れを救う「レスキュー食べ物」はコレだ_157696894

目立つニキビとニキビ跡にはビタミンC

ニキビもニキビ跡も気になる方は、ビタミンCを摂取しましょう。ビタミンCは皮脂の過剰分泌を抑えることで、毛穴の詰まりの原因を予防します。また、抗炎症作用によって、ニキビによる炎症を鎮めます。さらに、コラーゲンの生成促進や色素沈着の原因であるメラニンの還元効果によって、ニキビ跡が気にならないように導きます。

ビタミンCを多く含む食品は、赤ピーマン、焼き海苔、アセロラ、パセリ、レモン、ピーマン、いちご、ブロッコリーなどです。

 

吹き出物ができやすい肌にはビタミンB群

ビタミンB群が不足すると、皮脂を過剰に分泌します。また、肌荒れを起こしやすくなるだけでなく、治りにくい肌にもなり、肌荒れが慢性化する傾向があります。ビタミンB群のなかでも特に肌荒れに効果的なビタミンB2とB6を積極的に摂取することで、皮脂の分泌を抑え、丈夫で健やかな肌に近づけられるでしょう。

ビタミンB2を多く含む食品は、豚レバー、牛レバー、鶏レバー、焼き海苔、わかめ、しじみ、うなぎ、煎茶、番茶、納豆などです。一方、ビタミンB6は同じく豚、牛、鶏などのレバーとそれらのもも肉、マグロ、かつお、ぎんなん、ピスタチオ、にんにく、バナナ、きなこなどに多く含まれています。

 

乾燥による肌荒れにはビタミンA

乾燥は多くの肌トラブルの原因になります。かゆみやかさつきだけでなく、ニキビ、シワ、シミ、たるみなど老化現象まで引き起こします。肌の乾燥を感じるときは基礎化粧品での対策だけでなく、美容成分を摂取して体の内側からうるおいを高めましょう。ビタミンAは、肌の生まれ変わりを促進し、健康的な肌へと導きます。ターンオーバーを正常に整えることで、肌の基礎体力を高め、トラブルに負けない肌を作ります。

ビタミンAを多く含む食品は、鶏レバー、うなぎ、牛レバー、しそ、ニンジン、パセリ、カボチャ、ほうれん草、バターなどです。

 

繰り返す肌荒れにこそ、食べ物でアプローチ!

肌荒れを起こしたときはスキンケアの見直しも大切ですが、肌に大きな影響を与えている食事を見直すことも重要です。レスキュー食べ物でトラブルにアプローチできる成分を積極的に摂取しましょう。また、肌トラブルの原因となる油っぽいものや甘いもの、ファーストフードなどを控えることも大切です。食生活を改善して、健やかで丈夫な肌づくりを目指しましょう!

 

参考:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい