menu
TOP

保湿の神様「セラミド」配合化粧品が乾燥肌を救うワケ

人間の肌にもともと存在する「セラミド」という成分をご存知ですか? セラミドは肌のうるおいを保つはたらきがあり、美肌を保つために欠かせません。このセラミドが入った基礎化粧品は、保湿効果が高く乾燥肌の救世主となります。うるおい肌キープを強力にサポートしてくれる、その働きについて詳しくご紹介します。

保湿の神様「セラミド」配合化粧品が乾燥肌を救うワケ_469859883

外的刺激を防ぐ「セラミド」の働きとは?

健康な肌の角質層の中には、いくつもの角質細胞が重なっています。その細胞同士は、細胞間資質でつなぎとめられています。この細胞間脂質の約半分を担い、スポンジのように水分と油分をためこむ保湿力があるのが「セラミド」です。細胞同士をつなぎ合わせる接着剤としての役割だけでなく、肌表面に水分と油分を張り巡らせて外部から異物や刺激が肌内部に侵入するのを防ぎ、水分蒸発を防ぐバリア機能を持っています。

もともと人間の体にある成分なので、肌表面から補給しても刺激物として肌に認識されません。たっぷり補給して肌のバリア機能を保ち、乾燥肌をしっかり保湿しましょう。

 

「セラミド」配合化粧品を選ぶ基準

「セラミド」が不足すると、バリア機能が低下して肌表面が乾燥し、荒れてカサつきやトラブルがおきやすい状態になってしまいます。これに対して、充分に補給されていると、肌のバリア機能が回復して肌にうるおいが保たれます。肌表面もキメが整ってきます。

上手に化粧品を選ぶために、以下の点を重視して選びましょう。

・天然由来で生成されている
人間の角質層と同じ化学構造をもつのが「ヒト型セラミド」です。酵母から生成されている天然のもので保湿力が高く、刺激が少ないのが特徴です。
現在では、ウィルスや狂牛病の懸念のある牛や羊の脳から抽出した「セブロシド」や、米や麦、コンニャク由来の「植物性セラミド」は、肌への吸収力が「ヒト型セラミド」より劣るので要注意です。

・保湿力を発揮する他の成分が配合されている
角質層内でセラミドと共に保湿効果を増強させる「ステアリン酸」や「水添レシチン」なども配合されているならベターです。
また、真皮に存在してセラミドと相乗効果が期待できる「ヒアルロン酸」や「プロテオグリカン」は角質層で水分を抱え込み、保湿する成分です。

・肌の刺激がないか確認する
乾燥肌は角質層がダメージを受けている状態なので、様々な成分が高濃度に配合されている化粧品を使うと、肌への刺激となってかぶれなどの症状が発生することがあります。腕の内側などにパッチテストを行って問題がなくても、角質層が損なわれている場所では炎症などのトラブルに発展することも。使用中に異変を感じたら、すぐに使用を中止しましょう。

化粧品の成分に注目することが、乾燥肌から脱出の大事なポイントとなります。「セラミド」の保湿力を味方につけて、健やかな肌を目指しましょう。

 

 

 

参考:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい