menu
TOP

本気のシミ対策なら「薬用」にこだわって!化粧品選びの最大のポイント

化粧水を選ぶ時に、「美白」「美肌」「白肌」などといったキーワードが目に入ると、これは肌に良さそう! と思いますよね。シミに悩む女性は特に、美白をうたった化粧水を選んでいるのではないでしょうか。

しかし、そんなキーワードとともに注目したいのが「薬用」の表示です。本気でシミ対策を始めたい人こそ、化粧水は「薬用」にこだわる必要があるのです。

本気のシミ対策なら「薬用」にこだわって!化粧品選びの最大のポイント_493800721

意外と知らない「薬用」の意味とは?

化粧水のラベルやパッケージをよく見ると、「化粧品」「医薬部外品」「薬用化粧品」といった表示が書かれていることに気がつくでしょう。これらの違いは何なのでしょうか? 簡単にご説明しましょう。

・化粧品
化粧品とは、皮膚を清潔にしたり、うるおいを与えたりして、正常な状態に保つはたらきがあるものをいいます。化粧水で言うと、肌のキメをととのえる、肌をひきしめる、やわらげるといったことが期待できます。

・医薬部外品(薬用化粧品)
化粧品のはたらきに加えて、肌に対して特定の効果が期待できるものが医薬部外品、または薬用化粧品です。化粧水であれば、ニキビを予防する成分や、日焼けによるシミ、そばかすを防ぐ、いわゆる美白効果のある成分など、厚生労働省が認可した成分が配合されているもので、いわば医薬品と化粧品の中間に位置する存在です。

 

ビタミンC誘導体は厚生労働省が認めた美白成分!

それなら、化粧水もやはり「薬用」「医薬部外品」の表示があるものを選びたいですね。シミ対策には、厚生労働省が認めている美白成分、ビタミンC誘導体、アルブチンなどが配合されたものがおすすめです。

その中でも、特に美白効果に優れているのが、ビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は、本来不安定で肌に浸透しにくかったビタミンCを改良し、肌の奥で酵素と反応することによってビタミンCへと変化するようにした成分です。

メラニンの生成を抑えるほか、肌に透明感を与えたり、キメをととのえたりと、美肌には欠かすことのできないはたらきを持っています。シミを予防し、ふっくらすべすべの肌を目指すなら、ビタミンC誘導体が配合された薬用化粧水を選ぶのがポイントです。
なお、高濃度にビタミンC誘導体を配合した場合、製造工場が衛生的でない、薬用効果のある配合になっていないなどの理由で、厚生労働省が薬用承認せず化粧品扱いになるのが一般的ですが、高濃度配合でも一部のメーカーからは薬用タイプが販売されています。
つまり、ビタミンC誘導体の場合は、「高濃度」で「薬用」というのが、一番良い選択になります。

 

「薬用」にこだわれば、シミも怖くない!

シミ対策は、日焼けをする前から始めなければ意味がありません。そのために大切なのは、普段から「薬用化粧水」「医薬部外品」の化粧品を使ってシミを予防することです。本気でシミ対策をするなら、化粧水はぜひ薬用化粧水、医薬部外品にこだわりましょう!

 

参考:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい