menu
TOP

肌への負担は大丈夫?一歩間違うと毛穴がもっと目立ってしまうNG化粧品とは

毛穴を目立たなくするための化粧品やケア用品には、多くの種類があります。しかし、その中には肌を痛めたり、毛穴をさらに目立たせてしまったりする可能性があるNG化粧品があることをご存知でしょうか?

あのアイテムが「やりすぎケア」の原因!?

毛穴が目立ってしまう原因のひとつに、汚れや皮脂、角栓を取り去りたい一心で、ついついやってしまう「やりすぎケア」があります。手軽な化粧品が増えた今、こんなアイテムを使って、肌に負担を与えるケアをしていないか、チェックしてみましょう。

肌への負担は大丈夫? 一歩間違うと毛穴がもっと目立ってしまうNG化粧品とは_479931257

スクラブ洗顔

汚れや古い角質を落とすスクラブ洗顔では、微粒子の摩擦によって薄い角質層が傷つき、うるおいが流出しやすくなります。そのため、皮脂の過剰分泌が起こり、毛穴が開きっぱなしになるとともに、うるおいを守ろうとする肌が角質を厚くすることで、角栓が詰まりやすくなるのです。

毛穴パック

毛穴パックがNGとされる理由は、角栓が除去された部分に、新たな汚れがたまりやすいこと、角栓と一緒に周囲の角質層まではがれてしまい、肌の水分保持機能やバリア機能が低下して、角質が厚くなったり炎症を起こしたりしてしまうことにあります。しかし、さらにこわいのは、詰まった角栓を新たに取るために、また毛穴パックを使い、それが肌を傷つけるというサイクルが繰り返され、手に負えない「イチゴ鼻」の状態になってしまうことなのです。

便利アイテム・拭き取りクレンジングもNG?

拭き取りタイプのクレンジングは、肌表面のメイク汚れは落とせても、細かい部分に詰まった汚れまでは落とせません。逆に、汚れがついたままのシートやコットンで拭き取りを繰り返すと、毛穴に汚れが押し込まれてしまい、それが酸化して黒ずみへと変化していきます。また、コットンやシートで肌をこすると、摩擦の刺激によって角質層が傷ついてしまいます。そのため、肌が乾燥しやすくなり、過剰な皮脂分泌が起こると考えられています。

肌に負担を与えないケアを徹底しましょう!

毛穴を目立たなくする近道は、肌に負担や刺激を与えずにケアすることです。一気に汚れや角栓を取り去ろうとせず、日々の洗顔と保湿といったデイリーケアを基本として、地道に、根気よくケアを続けることが最も大切なのです。どうしても気になる時は、蒸しタオルとオリーブオイルを使ってマッサージをするといった、肌にやさしい方法でケアをしてくださいね。

 

 

 

参考:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい