menu
TOP

“季節の変わり目だから”では済ませられない!長引く秋の肌荒れ、ニキビにご用心!

暑さも落ち着いて、カラリと乾いた風が爽やかな秋。過ごしやすい季節ですが、実は肌トラブルが発生しやすい季節でもあるのです。しかも、一度発生すると長引きやすいのも秋の肌トラブルの特長。それには、季節の変わり目というだけでは済ませられない理由があるのです。だからこそ先手必勝。早めのお手入れで、美容の秋を美肌で満喫しちゃいましょう。

 pixta_8508594_M

夏より深刻?! 秋は大人ニキビにご用心

暑さで皮脂過剰になり、ベタつく高い湿度でアクネ菌が繁殖しやすい夏こそニキビの季節と思いがちですが、夏に増加・悪化しやすいのは、ジュクジュク・ベタベタした思春期ニキビがメイン。大人ニキビは、というと、警戒すべきは夏より秋。涼しくなって、肌が過ごしやすいと感じ始めた頃こそ要注意なのです。

アクネ菌の繁殖が原因なのは同じでも、大人ニキビはそこに至るまでのアプローチが異なります。

皮脂が過剰な訳ではなく、皮脂が上手く外に出られず、毛穴の中でこもってしまって、中でアクネ菌が繁殖してしまうのが大人ニキビ。

その中の“皮脂が上手く外に出られず”という所に、秋ゆえの理由があります。

その理由こそ、強烈な紫外線を浴び続けて、蓄積してしまった夏ダメージ。

紫外線ダメージを受けた肌はターンオーバーが乱れ、古い角質が剥がれず溜まって、角質肥厚を起こしています。そうなると、角質層も十分に潤いをキープすることができず、肌は乾燥状態。さらに空気の乾燥も合わさって、角質肥厚はさらに悪化、と秋の肌はまさに負のスパイラル状態。

そんな中、気温はまだ高めなので、皮脂分泌もまだ多め。

なのに、その皮脂が分厚い角質に邪魔されて毛穴から出られず詰まり、空気が嫌いなアクネ菌が詰まった皮脂の中で繁殖してニキビ発生!となってしまうのです。

pixta_4180683_S

この状態を脱するために、必要なのはまず角質ケア。

といっても、炎症を起こしているニキビを刺激してしまうスクラブなどは避けて、穏やかに角質を分解したり、溶かしたりする酸や酵素を使ったピーリングがおすすめです。

早く消してしまいたいところですが、一気に剥がすのは夏疲れがたまった肌には負担大。

ホームケアでは、毎日少しずつ溶かして除去するピーリングを、肌状態を見ながら続けてみてください。

角質ケアの後は保湿をお忘れなく。これから始まる乾燥の季節に備えて、夏の間はベタつきを避けるために、水性の保湿を選んでいた人も、化粧水の後は、そろそろ乳液などをしっかりめの保湿にスイッチを。

 カサカサ、カユカユ?! 秋の肌荒れの原因は、春におなじみのアレかも

 

頬やアゴなど、乾燥しやすい部分にプツプツ発生するニキビだけでなく、

もう一つ、秋に多くみられるのは、目の周りや頬がカサカサ・カユカユになってしまう肌荒れ。

やはりそれにも夏ダメージが関係しているのですが、もっと直接的な原因があるのです。

それが、秋の花粉。

夏から飛び始める秋の花粉は、イネ科やキク科の植物がメイン。そのイネ科が厄介なんです。

カモガヤ、ススキ、水稲などのイネ科の植物は、おなじみのスギやヒノキと同様、鼻や目の症状に加えて、皮膚のかゆみも引き起こしやすいのが特徴なのだそう。

ブタクサやヨモギなどのキク科の植物は大丈夫かと言えばそうでもなく、口腔アレルギーを引き起こしやすいので、唇がかゆくなったり、腫れたりすることも。

しかもタイミングが悪いことに、夏ダメージが溜まりきった肌は、乾燥しやすく敏感になりがちな時期。

肌バリアが壊れて刺激が入りやすい状態だから、炎症が起こり、肌荒れとなってしまうのです。

pixta_4040800_S

<カモガヤ>

Ragweed plant

<ブタクサ>

そうならないために、花粉症が心配な人は、早めの防御策を。

原因となるイネ科やキク科の植物は道端や、川べり、田んぼなどに多く生息しているので、なるべく近づかないのがベター。

かと言って、風にのって運ばれてくる花粉を避けることはできないので、外出先から帰ったら、服をはたいてから家に入ったり、着替えたり、顔についた花粉はすぐに除去してしまいたいので、できれば洗顔するのが理想的。

そして、肌バリアを強くしたいので、保湿をしっかりと。肌が自ら潤いを保持できるようセラミドのお手入れもおすすめです。

特にピリピリ過敏になっている人は、一時的に敏感肌用のスキンケアラインを使えば安心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい