menu
TOP

顔のたるみは毛穴の開きが原因?20代からはじめる顔のたるみ解消法

20代後半に入ると、顔のたるみや毛穴の開きなど、しだいに肌の変化を感じるようになってきます。この年代からあらわれる、初期のエイジングサインでもある顔のたるみと毛穴の開きには、実は密接な関係があるのです。

今回は、20代の肌に起こるたるみのメカニズムと、顔のたるみ解消法の第一歩をご紹介します。

顔のたるみは毛穴の開きが原因__20代から始める顔のたるみ解消法_178130128

毛穴の開きでわかる? 顔のたるみの始まり

「何だか最近毛穴が目立つ……」と感じたら、それは肌がたるみはじめているサインです。20代後半から、肌のハリを保つ成分コラーゲンがだんだんと減少していきます。そうすると、肌にうるおいを保つことができなくなり、ハリが低下し、たるみがあらわれてくるのです。

ハリを失った肌は毛穴の周りがくぼんでしまうため、毛穴が広がり、汚れや皮脂がたまりやすくなります。このように、毛穴が開いたままになってしまうと、顔がたるんで見えるのです。

さっそく、顔のたるみ解消ケアを始めましょう

毎日コツコツ続けることで、うれしい効果が期待できます。では、次の手順でさっそく今夜からでもケアを始めましょう。

まずは毛穴のケアから

縦長に広がった毛穴には汚れや皮脂がたまりやすくなります。毛穴に残ってしまった汚れは、活性酸素によって酸化し、肌のコラーゲンを硬くしてしまいます。コラーゲンの硬化は、たるみの大きな原因につながるので、毛穴に老廃物をためないよう、クレンジングや洗顔を今以上にしっかりとすることが大切です。

だからといって、汚れを落とすためにゴシゴシ肌をこするのはNGです。クレンジングは肌に負担もかかりますし、やりすぎると必要なうるおいまで奪ってしまいます。短時間でやさしくメイクを落とした後、毛穴の汚れはダブル洗顔をしてスッキリさせましょう。

乾燥はたるみの原因! 水分をしっかりキープ

洗顔で汚れをしっかり落とした後は、必要なうるおいをたっぷりと与えることが大切です。洗顔後はできるだけ早く保湿をすることが、肌のみずみずしさを保ち、毛穴をきゅっと引き締めるコツです。

20代後半からは特に肌が乾燥しやすくなり、水分不足も加速します。乾燥した肌はハリが失われるため、毛穴も目立ちやすく、さらにたるみも目立ってしまいます。水分を多く含んだ肌はキメが整ってハリが生まれ、たるみも目立ちにくくなります。洗顔の後はすぐ、化粧水でたっぷり肌をうるおしましょう。

早めの毛穴ケアで、顔のたるみを解消しよう

顔のたるみ解消法の第一歩は、肌の汚れをしっかり落とし、余分なものを毛穴にためないこと! そして、肌のうるおいをしっかり守ることです。

一度たるんでしまった肌をケアするのは、とても大変です。20代のうちから早めにケアして、たるみに負けない肌を目指しましょう。

 

参考:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい