menu
TOP

30代、40代はシミの鬼門!老け顔になる原因「肝斑」の悪化を阻止せよ!

年齢を重ねるごとに、肌の悩みもだんだん増えていく……という女性は多いのでは。特に、老け顔の原因となる肝斑(かんぱん)は30代、40代の女性にできやすく、なかなかの厄介ものです。左右対称に広がる特徴を持ち、両頬や額、下顎、鼻の下などに、淡褐色のもやもやとしたシミが地図のように広がってしまいます。もしも、できてしまったら、悪化しないように全力で阻止しましょう!

10-01_509509557

女性ホルモンやストレスとの関連で発生

肝斑は女性ホルモンとの関連性があるといわれており、妊娠中や経口避妊薬(ピル)を服用している女性は、特に気をつけておきましょう。また、ストレスも一因だという説もあります。肝斑はメイクをしても隠れにくく、他の肌トラブルに比べても実年齢より老けた印象を与えるため、何としてでも発生を防ぎたいところです。心当たりのある場合、毎日の肌チェックの際に注意しておきましょう。

紫外線は大敵! 急激な悪化の原因に

肝斑を発見したら、まずは紫外線の対策を徹底します。日頃からまめに対策をしている方もそうでない方も、これまで以上の配慮が必要です。紫外線は肝斑が発生する直接的な原因ではありませんが、紫外線の影響を受けて悪化をする性質があります。肝斑が発生する場所は、頬や額など紫外線があたりやすい場所であることが多く、より悪化しやすいため注意しましょう。外出の時だけでなく、屋内にいても紫外線は降り注ぐので、常に対策をするよう心がけましょう。

間違ったケアで悪化の可能性が!

肝斑ができると目立つため、集中的にケアをしたいところですが、一般的なシミには効果があっても、肝斑には悪化の原因になるものがあります。よくあるミスが、レーザー治療です。肝斑をシミと思い込み、それを消すために行ったレーザー治療によって、かえって悪化したという例は珍しくありません。

効果があることで知られているのが、トラネキサム酸です。もともと抗炎症薬や止血剤として使用されてきたトラネキサム酸は、メラノサイトに働きかけて色素沈着を抑えるはたらを持っています。トラネキサム酸を2ヶ月間服用したことで、改善された例が数多くあります。ただし、副作用もあるため、服用前によく注意事項を確認しましょう。また、APPSとよばれるビタミンC誘導体も効果的なので、美容液などであわせてケアすることをおすすめします。

適切なケアと対策が重要

肝斑は、一般的なシミとは原因やケア方法が異なるため、適切な方法でケアすることが大切です。また、悪化を防ぐために、日常的に紫外線への対策を行いましょう。トラネキサム酸の服用やAPPSの美容液など、ご自身の状態にあった方法をお選びください。

 

 

参考:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい