menu
TOP

見た目年齢が加速する「帯状毛穴」ご存知ですか?

「帯状毛穴」ってご存知ですか? 開いた毛穴がたるんでつながり、小じわのように見える現象で、初期のエイジングサインが出始める30代頃からおこります。一度、帯状毛穴になってしまうと、見た目年齢が一気に老けこんでしまいます。
では、帯状毛穴にならないためには、どのようなケアをすればいいのでしょうか。
帯状毛穴ができる原因とあわせてご紹介します。

見た目年齢が加速する「帯状毛穴」ご存知ですか_136737158

帯状毛穴ができる原因は?

帯状毛穴の原因のひとつは「乾燥」です。私たちの肌は、30歳をすぎた頃から水分量が一気に下がり、肌はうるおい不足になります。さらに乾燥がすすむと毛穴が開き、弾力を失って帯状毛穴の状態につながります。

さらに、もうひとつの原因は「たるみ」です。年齢とともにコラーゲンが不足していくので、肌のハリが失われ、毛穴の開きやたるみにつながります。開いたりたるんだりした毛穴をそのままにしておくと、やがて帯状毛穴となり、頬に小じわがたくさんあるように見えてしまいます。また、紫外線ダメージも、コラーゲンを変質させてしまうので、帯状毛穴をつくる原因になります。

毛穴の開きを徹底ケア! 帯状毛穴を予防しよう

ここまでの話からもわかるように、帯状毛穴は、毛穴の開きやたるみから二次的に起こります。ということは、帯状毛穴に至る前にしっかり毛穴のケアをすれば、予防することも不可能ではないのです。では、どのようなケアをしていけばいいのでしょうか。

うるおい補給で保湿ケアを

「美肌の基本はまず保湿」といっても過言ではないほど、肌にとってうるおいは大切です。毛穴ケアも同様で、毛穴が開いたり目立ったりしている人の多くは、うるおい不足だと言われています。洗顔後は、すぐにたっぷりの化粧水でうるおい補給が必要です。化粧水をたっぷり含ませたコットンでパックをする「ローションパック」もおすすめです。

ビタミンCでたるみケアを

肌のハリに関わるコラーゲンの生成には、ビタミンCが必要です。野菜や果物などから摂取したり、サプリメントなどを活用したりして、ビタミンC を補給しましょう。一日の摂取量は、300~500gが目安です。

毎日の毛穴ケアですっぴん美肌をめざしましょう!

毛穴の開きは、毎日のお手入れの中で、毛穴を意識するかしないかで状態はまったく変わってきます。お肌のうるおいケアとたるみケアで、開いた毛穴をキュっと引き締め、見た目年齢をあげる帯状毛穴にならないように気をつけましょう。

毛穴ケアには大量のビタミンCの補充を
過剰な皮脂をコントロールして目立たない毛穴に
トゥヴェール薬用ホワイトニングローションα

参考:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい