menu
TOP

毛穴が無数のしわに変身!?見た目年齢が加速する恐怖の「帯状毛穴」を徹底回避!

鏡に映った自分の顔に、「あれ? 最近、しわが増えている?」と驚いた経験はありませんか? 小鼻の脇から頬にかけて無数のしわができた場合は、気になる部分をじっくりと観察してみましょう。注意深く見れば、しわと思っていたものが、実は毛穴であった場合があります。毛穴がしわのように見える「帯状毛穴」の原因とその対策についてお伝えします。

10-09_509448169

毛穴がつながってしわになる!?

急激にしわが増えたことで落ち込んでいる方も、まだ手遅れではないかもしれません。今気がついたそのしわが帯状毛穴であれば、早めのケアで改善できます。1つの毛穴をよく見てみると、縦型になっていませんか? 毛穴がたるんでしまい、縦長の楕円形に広がることを「たるみ毛穴」といいます。たるみ毛穴がさらに進行し、毛穴と毛穴が連結することでしわになってしまうことを「帯状毛穴」と呼びます。

30代半ば頃から始まる方が多く、肌の老化が目につくようになったら、帯上毛穴に至る前に、早めのケアを始めることが必要です。放置してしまうと、状態はどんどんと悪化していきます。

たるみを防げば帯状毛穴は回避できる!

皮膚がたるんで下に引っ張られることで毛穴が楕円形に広がってしまうということは、皮膚そのもののたるみを防ぐことで、毛穴のたるみも予防できるということです。つまり、皮膚のたるみケアがカギを握っているのです。

皮膚を支える真皮層のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などが減少することで皮膚のゆるみが生じます。コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を補う効果のある美容液やオイルなどをスキンケアにプラスしましょう。また、肌の弾力低下の原因となる糖化を防ぐために、炭水化物や甘いものなどを摂取しすぎないように注意しましょう。

毎日のスキンケアが落とし穴

しわができたと思い込み、保湿ケアやマッサージに過度な力を入れすぎるのも要注意。指先に力が入りすぎると、皮膚を傷めてしまいます。スキンケアを行うときは、メイク落としや洗顔、保湿などすべての工程で肌をこすらないようにすることが大切です。特に、下方向に引っ張ると、たるみがより進行しやすくなるので気をつけましょう。

良かれと思っていたお手入れが、かえって肌の老化を進行させているのかもしれません。毎日の積み重ねは大きく影響するため、肌への触れ方は、改めて考え直す必要があります。

たるみには即対応! 鏡で毎日チェックしよう

毛穴や皮膚がたるんでいないかは、毎日注意深く観察することで見抜けます。自分の肌に関心を強く持ち、毛穴をじっくりと見る時間を作ってみましょう。毛穴が目立って見えたり、縦長に広がっていたりと、肌状態によって毛穴の状態も変化していることが分かります。毛穴の状態は、肌からのサインです。見逃さず、きちんとケアをすることが大切です。

 

参考:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい