menu
TOP

思春期ニキビとは違う20代からのニキビケア

かつて、10代のニキビは「青春のシンボル」などと言われていましたが、できるならばニキビのないキレイな肌でいたいもの。その気持ちは、10代も20代でも変わりません。ですが、ニキビができる原因は、20歳あたりをさかいに変化します。10代の頃と同じニキビケアを続けていては、いつまでたってもキレイなお肌にはなれません。

では、20代からは、どのようなニキビケアをしていけばいいのでしょうか。

思春期ニキビとは違う20代からのニキビケア_455023109

思春期ニキビの原因は?

思春期にできるニキビは、皮脂の過剰分泌によっておこります。成長期である10代は、成長ホルモンが活発に分泌されています。この成長ホルモンの影響で皮脂が多く分泌されるので、毛穴が詰まり、ニキビができるのです。このように、皮脂の過剰分泌が原因なので、10代の頃は、しっかり洗顔することがニキビケアの基本です。

20代からのニキビの原因は?

20歳をすぎて出るニキビは「大人ニキビ」と呼ばれています。その原因は、ストレス、紫外線、ホルモンバランスの乱れ、不規則な食生活、化粧品など様々で、思春期ニキビに比べて複雑です。これら間接的原因がからみあって、お肌のターンオーバーが乱れることが、ニキビの直接的原因になっていると考えられます。

ニキビの場所から原因を探る

10代の頃に比べ、顔のいろいろな場所にニキビができるようになっていませんか?大人ニキビが出やすい、口のまわり、フェイスラインや首元など、部位ごとに、ニキビができる原因がわかります。

口のまわり

ホルモンバランスの乱れが影響しやすい場所です。男性ホルモンに似たはたらきをする「黄体ホルモン」が優位にはたらき、皮脂の分泌を促進するので、ニキビができやすい状態が続きます。ストレスなどが多いとホルモンバランスが乱れやすくなります。

フェイスライン・あご

やや痛みをともなうあごのニキビは、治りにくいのでやっかいです。あごは、生活習慣の乱れが現れやすい場所です。睡眠不足や甘いものの過剰摂取などが考えられます。

首元

この部位は、ケア不足が大きな原因です。洗顔後にすすぎ残しがあったり、保湿が足りず、乾燥から皮脂の過剰分泌などが、ニキビの原因となります。首元の皮膚は薄く敏感なので、入念なケアが必要です。

ライフスタイル改善で規則正しい生活を

普段、ついうっかり夜更かしをしてしまったり、偏食をしたりなど、食生活や生活スタイルが乱れると、ニキビの原因となる、ストレスやホルモンバランスの乱れが起こりやすくなります。大人のニキビケアには、まずライフスタイルの改善が基本になります。日々の生活を見なおして、ニキビの原因になっていることがあれば改めて、素肌美人を目指しましょう。

 

参考:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい