menu
TOP

遺伝・老化と諦めないで。 密かな悩み、白髪は予防・改善できる?!

たった1本でも、見つけてしまうと大きなショックを受ける白髪。若くして悩まされている人もいれば、歳をとっても黒々としている人もいたり。薄毛については研究が進み、最近ではクリニックに行けば治療してもらえるのに、白髪といえば医学的な研究がなかなか進まず、まだまだ未知なことが多いのだそう。確かに、染めてしまえばなかったことにできるし、しかも染めるのも自分で簡単にできてしまうので、それほど深刻な悩みにもならないのが現実。「もう年だから」、「遺伝だから」仕方ない、と諦めてしいまいがちですが、実は治る白髪もあるそうです。そこで、白髪に対する思い込みを払拭して、悩ましい白髪を、早めになんとかしましょう。

 pixta_12203081_S

白髪トリビア1[防げる・直せる白髪もある!]

生まれた直後はどの髪も透明。毛母細胞で生まれ、毛穴から髪として出るまでの間にメラノサイトで作られるメラニンが取り込まれて黒い色の髪として出てくる。それが様々な理由で取り込まれなくなったのが白髪。その理由は下記の通り幅広く、加齢や遺伝、女性ホルモンは仕方ないとして、あとの4つは改善の余地あり!紫外線から頭皮を守ったり、頭皮マッサージしたり、健康的な生活を心がければ白髪は防げる!

理由1:加齢 (老化によってメラノサイトが毛母へ移動できなくなったり、メラノサイト自体が消失)

  2:遺伝(必ず同じ状態になる訳ではなく、親が白髪なら子どもも白髪になりやすいということ)

  3:紫外線(黒い色のもとになる毛包幹細胞と色素幹細胞にダメージを与える)

  4:血行不良(頭皮に栄養が届かなくなり、細胞の老化・劣化を促進)

  5:女性ホルモン(髪に影響を与えやすく、減少すると抜け毛や白髪を促進)

  6:栄養バランス(栄養不足は白髪だけでなく、抜け毛の原因にも)

  7:睡眠不足(成長ホルモンの分泌が妨げられて、老化の促進に)

白髪トリビア2[白髪にもコラーゲンが関係!]

最近のある研究では、17型コラーゲンが不足すると、黒い色の元、毛包幹細胞と色素幹細胞の間の相互作用の仕組みが壊れ、白髪や脱毛が起こることがわかったそうです。つまり、コラーゲン不足が白髪を増やす原因ということですが、今のところ、17型コラーゲンは人工的に作れないのだとか。でも近い将来、その合成方法が見つかれば、白髪の悩みが一気に解消されるかも?!

白髪トリビア3[白髪は抜くと増える?]

昔から、「白髪は抜くと増える」、とよく聞きますが、それはウソ!抜いたところからは、また白髪が映えてきますが、抜いたことによって増える訳ではありません。それよりも、問題なのは抜くこと。白髪に限らず、無理に髪を抜くと、毛根や頭皮にダメージを与えてしまうので、次に生えてくる毛が弱かったり、うねっていたり、最悪の場合生えてこなくなることもあるのだとか。気になるならハサミでカットを。

白髪トリビア4[苦労すると白髪は増える?]

これも定説として言われますが、実は医学的には証明されていません。ただ、強いストレスは血管を収縮させることもあるので、頭皮の血行が悪くなって、結果として白髪や抜け毛を引き起こすということも。でも、「激しいショックを受けて、一晩で髪が真っ白になった」、なんてことはあり得ず、白髪は髪の根本から無色の髪が成長につれて上がって(伸びて)くるので、黒髪から白髪へ一気には変われません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい