menu
TOP

開きっぱなしの毛穴対策第二弾!/毛穴を消す魔法の粉とは?

開きっぱなしの毛穴の対策として、原因別にコツコツケアの必要性を以前のコラムでお伝えしましたが、その後効果は表れましたか? 今回はさらに毛穴道を極めるべく、新たな対策方法をご用意しました。なんと、毛穴を消す魔法の粉があるのです! 光効果で毛穴を消す魔法の粉とは、一体どのようなものなのでしょうか。

11-03_78461284

光効果で毛穴をぼかして消し飛ばす!

暗いところで写真を撮ると肌のアラがよく目立ち、明るいところで撮ると肌が綺麗に映るように、光には肌のアラを飛ばす効果があります。カメラにはフラッシュ機能がありますが、残念ながら人の目にはフラッシュ機能はありません。では発想を変えて、メイクで光を生み出してみませんか? ファンデーションを塗ったあとに光拡散効果をもつパウダーを塗るだけで、毛穴や凹凸など気になる部分を目立ちにくくしてくれます。

球状、板状……パウダーの種類と効果

一言に光拡散パウダーといっても、さまざまな種類のパウダーがあります。毛穴が気になる方にもっともおすすめなのが、球状のパウダーです。真珠のような球体をしているPLパウダーには光を拡散する働きがあり、開いた毛穴を見えにくくします。また、板状のパウダーもあります。こちらは肌に密着して光沢感を生み出す効果があります。どちらも肌を美しく見せる働きがありますが、毛穴を目立ちにくくさせるためには、球状をセレクトしましょう。

100%植物性なら肌にも安心

PLパウダーは別名ポリ乳酸ともよばれており、乳酸を加熱してつくられます。トウモロコシとイモを原料にしてつくられた乳酸を加熱することでできるため、100%植物性のパウダーです。パールやラメといった人工的なものでつくる光効果では、肌への負担が気になりますが、100%植物性なら肌にもやさしく安心です。さらに保湿力も高いので、パウダーを塗ることによる乾燥から肌を守り、みずみずしい状態をキープします。

ハイライト効果もバッチリ!

メイクの仕上げにハイライトを塗ると肌に立体感をつくることができますが、塗り方によってはハイライトを入れたことが分かってしまい、微妙な仕上がりになることも。しかし、光拡散パウダーを使用することで、自然な仕上がりでありながら、ハイライト効果を得られます。顔に立体感を出したい場合は、パウダーを全体に塗り終えた後、目の下やTゾーンなどに重ね塗りしましょう。これだけで簡単に華やかさをプラスできます。

コツコツケア+光拡散パウダーで対策はカンペキ!

ファンデーションの仕上げに光拡散パウダーを塗ることで、毛穴が気にならないように導きます。光拡散パウダーには粒状や板状など種類がありますが、毛穴のお悩みには球状のPLパウダーがおすすめです。PLパウダーは100%植物性だから肌にも安心ですし、保湿力が高いので長時間うるおいが持続します。また、毛穴対策としてだけでなく、顔に華やかさをプラスしたい場合にも適しているので、さまざまな活躍が期待できます。

前回お伝えしたコツコツケアを毎日継続しながら、光拡散パウダーを使用することで、毛穴対策は万全です。ケアとメイクのダブル効果で至近距離にも耐えられる肌をつくりましょう!

参考:

PLパウダー配合化粧品ならトゥヴェール ミネラルサンスクリーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい