menu
TOP

大人ニキビをあきらめない!正しいニキビケア方法とは?

おでこやフェイスライン、あごや首元など、一度できるとなかなか治らない「大人ニキビ」に長年悩まされている方も多いのでは? 「思春期ニキビ」と同じ「ニキビ」という呼び名でも、実は、20歳をすぎる頃から、ニキビのできる原因や、そのケア方法が変わってきます。今回は、私たち大人の肌を悩ませる、大人ニキビの正しいケア方法をご紹介します。

大人ニキビをあきらめない_正しいニキビケア方法とは_159155665

大人ニキビの原因はひとつじゃない

皮脂の過剰分泌が原因の思春期ニキビに比べ、発生原因が様々で、ケア方法も複雑なのが大人ニキビ。原因に合わせて適切なケアをしなければ、悪化したり、何度も繰り返したりなど、さらなるトラブルにつながります。きちんとニキビケアしているのに……と悩んでいる方は、もっと根本的な原因を見直してみる必要があるのかもしれません。

原因に合わせて正しいケアを

では、さっそく大人ニキビの原因を探り、それぞれに合ったニキビケア方法をみていきましょう。

ストレスをためない生活を

仕事が忙しくなったり、悩み事があったりすると、突然ニキビがポツリ……なんて経験はありませんか? ストレスは、大人ニキビの大きな原因のひとつ。ストレスによって生まれる活性酸素が、肌にダメージを与え、ニキビの原因となるのです。

ご自分なりのストレス解消法をみつけて、こまめにガス抜きをするようにしましょう。最近では、映画などをみて涙をながす「涙活」が、女性のストレス解消にいいと話題になっています。

紫外線対策をしっかりと

紫外線は、美白の敵だけでなく、ニキビにも大敵です。紫外線から肌を守ろうとして厚くなった角質は、ターンオーバーが乱れやすいので、毛穴がふさがりやすくなっています。毛穴がつまると、ニキビをつくるアクネ菌が繁殖しやすくなってしまいます。必要以上に角質が厚くならによう、日常のUVケアもしっかりとしておきましょう。洗濯やちょっとした外出なども注意が必要です。

ただ、紫外線吸収剤が含まれている日焼け止めは、ニキビができたり、悪化したりするという報告もあります。成分をしっかりチェックすることも大切です。

ホルモンバランスを整える

女性は生理前になると、男性ホルモンに似たはたらきをする「黄体ホルモン」が優位にはたらき、皮脂の分泌を促進します。ストレスなどが原因でホルモンバランスが乱れると、黄体ホルモンが優位に働き、ニキビができやすい状態が続きます。日頃から、体を冷やさないなど、ホルモンバランスを整える生活を心がけましょう。

食生活などライフスタイルも見直しを

食物繊維、ビタミン、ミネラルなど美肌づくりを意識した食事をしたり、ターンオーバーが活性化する「美肌のシンデレラタイム(深夜12時~2時)」までには就寝するなど、規則正しい生活が、ニキビケアのベースにもつながります。日々の生活を見なおしてみると、大人ニキビケアのヒントがみつかるかもしれません。

 

参考:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい